西日本豪雨災害についてのお知らせ

西日本豪雨災害についてのお知らせです。

東日本大震災ならびに東京電力福島第一原発事故により、避難・移住された方は沖縄だけでなく全国各地にいらっしゃいます。

そして、今回の西日本豪雨災害で大きな被害を受けた、岡山、広島、愛媛の避難者支援団体をご紹介します。皆さん、沖縄じゃんがら会とも関わりが深く、共に励ましあってきた方達です。

皆さん、西日本豪雨災害の支援もされており、facebookでは情報共有のために支援情報を積極的に発信されています。ボランティア情報や注意事項なども掲載されておりますので、ぜひご一読ください。

■一般社団法人 ほっと岡山
東日本大震 ・原発事故の影響で岡山県へ避難・移住した当事者と支援者による一般社団法人です。
一般社団法人ほっと岡山 facebook

■ひろしま避難者の会 アスチカ
東日本大震災ならびに東京電力福島第一原発事故により広島へ避難した者の当事者団体です。
アスチカ 西日本豪雨災害関連情報(広島)facebook 

■NPO法人 えひめ311
東日本大震災をきっかけに、愛媛県にきた避難者が中心に立ち上げたNPO法人です。
えひめ311 facebook

被災地でも熱中症対策が急務となっています。最近は沖縄よりも本土の方が気温が高かったりしますが、沖縄も暑いことには変わりありません。熱中症のニュースなども飛び込んで来るようになりました。早めの水分補給と暑い時には無理をしないように気をつけましょうね!

「みやぎ県一時帰省旅費支援相談」についてのお知らせ

「みやぎ県一時帰省旅費支援相談」は相談の件数が多く、当初予定しておりました支援金の上限を変更し、沖縄じゃんがら会から不足分を充当する形で宮城県から避難をされているみなさまに平等に行き渡るよう検討しておりました。

7月7日、役員会の場で「みやぎ県一時帰省旅費支援相談」事業について協議致しました。つきましては以下の内容で可決いたしましたのでお知らせ致します。

~決定内容~

1.旅費の上限金額を変更する

(変更前) 一人上限 5,5000円

→(変更後) 一世帯につき/1人目 50,000円 ・2人目 45,000円 ・3人目・ 35,000円 ・4人目 30,000円

例)単身の方50,000円/家族2名95,000円/家族3名130,000円

2.足りないと予想される分の資金を補填する

平成30年6月の沖縄じゃんがら会総会において報告された「平成29年度収支予算報告書」の繰越金の中から、10万円を宮城県からの避難世帯の一時帰省の旅費支援助成に 充当する。

以上

「みやぎ県一時帰省旅費支援相談」は相談の件数が多く、現在キャンセル待ちとなっております。(相談は受け付けております。)

みなさまにはお知らせした金額を支援することができず、大変申し訳なく思っております。できるだけ多くの皆様に支援が届きますようにと願いを込めて、沖縄じゃんがら会としましてもできる限り皆様のお力になりたいと思っております。何卒、皆さまのご理解とご協力をお願い致します。

また、10日には台風が来る予想です。今度は大変強い台風の様ですので皆さま、備えをしっかりしてお気をつけてお過ごしくださいね。

また、何かありましたらご連絡下さい。

福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会

代表 桜井 野亜

「みやぎ県一時帰省旅費支援相談」(PDF)

避難者相談・交流会と311当事者ネットワークキャラバンOkinawaを開催しました

6月24日(日)なは市民協働プラザで、ふたつの相談会が開催されました。

午前中は福島県からの避難者が対象の「避難者相談会・交流会」が開催されました。午後は避難元・移住元を問わず誰でも参加できる「311当事者ネットワークキャラバン2018OKINAWA」が開催されました。

「避難者相談会・交流会」には大人14名(子ども7名)支援者2名が参加されました。

これまでとは違い、各種支援は終了しているものが多いため、避難者からは「相談する事はあまりない」という声が多く、参加者もあまり集まりませんでした。しかし、県担当者に直接現状を伝えたり、ランチ交流会を通して県職員や参加者同士がフラットに話をする機会がもてたことは良かったと思います。

「311当事者ネットワークキャラバン2018OKINAWA」には、大人35名(子ども11名)支援者8名の参加をいただきました。

第一部では蟻塚亮二先生の「3.11と心の災害」についてのお話を伺いました。

第二部の対話のワークショップでは、震災をふり返り、当時の気持ちを整理したり、違う状況や意見を聞き合うことができました。参加者からは普段は話さないことを話すことができてよかったという感想がありました。

今回は、北海道・東京・愛媛・岡山からも避難当事者が参加し、お土産をお持ちくださって全国各地のおやつと共にみんなでお話することができました。

沖縄だけでなく、全国の避難者の方たちと共有できる良い時間を持つことができたと思います。

平成30年度の総会を開催しました

平成30年6月2日(土)13:30から、福島避難者のつどい 沖縄じゃんがら会の総会が開催されました。

梅雨にも関わらず雨は降らず、薄曇りのちょうどいい天気でした。

昨年より参加者が多く、参加人数は41名 委任状は200名に提出いただきました。

昨年度の活動報告や収支報告、今年度の計画について終始和やかな雰囲気で進み、今後の役員の役割変更についての緊急動議も承認されました。

今回は入口にタープを立てて、総会の受付とふちゅくるんのチャリティグッズの販売も行いました。

お子さん連れの方も多く、総会中はキッズスペースで静かに遊んでいました。

総会の後には、例年参加者同士の交流会を開催していますが、今年はさらにお楽しみとして、落語家のおきらく亭すい好さんにお越しいただきました。とても楽しく、子どもも大人もみんなで大笑いしました。投げ銭を用意し、おもしろい!と思った時に投げ銭をするという体験もすることができました。