夏休みじゃんがらキッズクラブ 2日目

今日と明日は首里石嶺町にある畑のアトリエ「うえのいだ」の玉城真先生(まこけ先生)によるアート工作と木工工作です。1日目の今日は各自絵の具とクレヨン持参で集まりました。

まるで屋根の様にほるとの木の枝葉に覆われているテラスが子ども達のアート作業場。

はじめは「ぐっちゃぐちゃ」からスタートしました。お友達がクレヨンでぐちゃぐちゃに描いた線に好きなように描き足して一枚の絵を完成させます。ぐちゃぐちゃの線なのに子ども達の手に係るとネズミになったりイヌになったり果物になったり。子ども達の想像力に感心させられました。

お次は画用紙に差し込むゆらゆら揺れた木漏れ日をクレヨンでなぞり上から絵の具で塗りました。木漏れ日を絵にするなんて素敵ですね。

アート工作はまだまだ続きます。大きな紙の洋服に好きな絵を描いたり、はたまた、ゴーヤーやオクラ、ヘチマ、トウモロコシなどの野菜を切ってスタンプにしたり。小さい子ども達は大きな紙に何の迷いもなく大胆にアートしてました。小さい時にしか見られない姿。みんな可愛かったです。お兄さんお姉さん達は何を描くかじっくり考え、画像も参考にしたりして好きな物を丁寧に描いていました。さすがです。

野菜のスタンプアートはなんとハガキにしてもらいました。どの子も自分でどこを切り取ったらいいかを考えまこけ先生に切ってもらいました。ぜひお手紙出して下さいね!今日は自然の中で時間を忘れて思う存分アートを楽しみました。参加したお母さんからは「やっとこのようなイベントに参加できる年齢になりました!」との声もありました。明日の木工工作も楽しみです。

夏休みじゃんがらキッズクラブ 1日目

じゃんがらキッズクラブ初日は事務所開放日でした。

子ども達は到着してすぐに宿題に取り掛かかっていました。

自分の宿題がひと段落すると、違う学年のお友達でしたがお互いに教え合ったりして微笑ましい空間が見られました。

頑張った宿題の後は今帰仁スイカでおやつタイム♪子どもも大人もほっこりした時間を過ごしました(^^)/

セミナーのお知らせ(愛媛)

沖縄じゃんがら会とも交流が深い、えひめ311さん主催のセミナーが開催されます。
(東日本大震災をきっかけに、愛媛県にきた避難者が中心に立ち上げたNPO法人)

社会心理学の観点から避難者の心理的行動を読み解く
なぜ、災害から逃げ遅れるのか?~ヒトの心に潜む脆弱性~

講師は、沖縄じゃんがら会でもお世話になっている高橋征仁先生です。

場所は愛媛なので沖縄からの参加は難しいかもしれませんが、お知らせ致します。

福島の子どもたちの沖縄での夏季保養開催 (2018)

沖縄じゃんがら会では、いのちの未来フロジェクト・ふちゅくるんと共に、毎年福島からの子ども達の保養を受け入れています。

今年も福島からの子どもたちを受け入れることができました。皆様のご支援に心より感謝致します。

保養の様子はいのちの未来フロジェクト・ふちゅくるんのホームページの活動報告でご覧いただけます。

→ 福島の子どもたちの沖縄での夏季保養開催 (2018)

西日本豪雨災害についてのお知らせ

西日本豪雨災害についてのお知らせです。

東日本大震災ならびに東京電力福島第一原発事故により、避難・移住された方は沖縄だけでなく全国各地にいらっしゃいます。

そして、今回の西日本豪雨災害で大きな被害を受けた、岡山、広島、愛媛の避難者支援団体をご紹介します。皆さん、沖縄じゃんがら会とも関わりが深く、共に励ましあってきた方達です。

皆さん、西日本豪雨災害の支援もされており、facebookでは情報共有のために支援情報を積極的に発信されています。ボランティア情報や注意事項なども掲載されておりますので、ぜひご一読ください。

■一般社団法人 ほっと岡山
東日本大震 ・原発事故の影響で岡山県へ避難・移住した当事者と支援者による一般社団法人です。
一般社団法人ほっと岡山 facebook

■ひろしま避難者の会 アスチカ
東日本大震災ならびに東京電力福島第一原発事故により広島へ避難した者の当事者団体です。
アスチカ 西日本豪雨災害関連情報(広島)facebook 

■NPO法人 えひめ311
東日本大震災をきっかけに、愛媛県にきた避難者が中心に立ち上げたNPO法人です。
えひめ311 facebook

被災地でも熱中症対策が急務となっています。最近は沖縄よりも本土の方が気温が高かったりしますが、沖縄も暑いことには変わりありません。熱中症のニュースなども飛び込んで来るようになりました。早めの水分補給と暑い時には無理をしないように気をつけましょうね!