うらそえふくしまつり・ボランティアまつりに参加しました

平成28年8月6日(土)「第16回うらそえふくしまつり・第19回ボランティアまつり」に、沖縄じゃんがら会とふちゅくるんも出店参加致しました。

うらそえふくしまつり・ボランティアまつりは、浦添市民がみんなボランティアに参加し共に支え合う社会を作って行こうという思いを広めるために毎年開催されているお祭りです。浦添市に事務所を構える沖縄じゃんがら会も、浦添市社会福祉協議会からお声掛け頂いて参加させていただくことになりました。

沖縄じゃんがら会のブースでは、・貝殻クラフト体験コーナー
・じゃんがらカフェ(酵素ジュース試飲)
・e-an:beのもみほぐしコーナー

命の未来プロジェクトふちゅくるんのブースでは、
・Tシャツ・バッグ・キーホルダーの販売コーナー
(福島から沖縄への保養に来る子ども達を受け入れるための資金造成グッズ)

と、いろいろなコーナーを出店させていただきました。

貝殻クラフトの先生は宮城からの避難者です。クラフトコーナーはいつも子どもたちが次から次へと訪れていて、順番待ちをする状態で大盛況でした。子ども達はフォトフレームに貝殻やビーズをくっつけて思い思いの作品を作っていました。

酵素ジュースの作り方を教えてくださったのは福島県からの移住者の方です。珍しいので皆さん興味深々で試飲をしていました。甘くておいしいんですよ~

じゃんがら会事務所でお馴染みe-an:beの新城さんは宮城県からの避難者です。もみほぐしも大盛況で、ずっともみっぱなしの新城さんはとても疲れたと思います。お疲れ様でした!

ふちゅくるんの物販ブースでは、震災から5年が経っても忘れずに関心を持ってくださる方がたくさん立ち寄ってくださいました。途中雨に降られたので着替え用にふちゅくるんのTシャツを買われた方もいたりして、面白いハプニングがありました。

浦添市のボランティアまつりに参加させていただいて、予想以上に多くの方が福祉やボランティアに関心を持っていていることがわかりました。また、出店している側もいつも誰かに支えてもらっているのだと感じました。じゃんがら会とふちゅくるんのブースのスタッフや講師の方もほとんどが避難者や移住者です。私達もいつもいろいろな方に支えてもらって、また支えることができるのだと思いました。

救急救命講座を受講しました

浦添市の消防署で開催された救急救命講座を受講しました。

じゃんがら会では大人はもちろん子どもたちと過ごすイベントも多く、もし万一なにかがあった時のために受講を推奨しています。事務局のスタッフも普通救急救命講座Ⅰ・Ⅲ、上級救命講座を受講したスタッフが何人もいます。

今回受講した普通救急救命講座は、心肺蘇生法と人工呼吸、それとAED使用の練習です。

やってみて初めてわかったのですが、心肺蘇生法(心臓マッサージ)はとてもハードです。特に女性の場合は全身の力をかけて心臓をマッサージするので手首が痛くなることもあるし、途中から力が入らなくなったりました。

AEDの使用方法も、いざなにかあった時に初めて使うよりは練習しておいた方が、何か起きて気が動転している時に少しは心に余裕が生まれるだろうと思います。

ドラマや映画で見ているのとはわけが違いました。いざという時の為にみなさんも受講をオススメします。

ふくしまの塔清掃ボランティアに参加しました(H28)

平成28年6月18日(土)9:30~沖縄平和祈念公園ふくしまの塔の清掃ボランティアに参加しました。

この清掃ボランティアは福島県人会の方が毎年行っているもので、じゃんがら会も毎年参加させていただいております。

当日は、青空も水平線もキレイに見える晴天の中じゃんがら会からは15名の参加者が集まり、福島県人会の方々と一緒に清掃を行いました。朝早くからの参加でしたが、始終汗が噴き出すくらい暑くて水分補給をしながらの清掃となりました。

清掃が終わると、お線香をあげて犠牲者の方々を想いながら大人も子どもも手を合わせました。

・・・お線香の香りに、沖縄に来てから長い間訪れていない自分のご先祖様のお墓参りを思い出しました。お墓参りに行けないことを申し訳なく思いながら、想いは届くような気がしてご先祖様にも手を合わせました。

熊本・大分地震義援金の街頭募金に参加しました

5月14日(土)大平りうぼうにて熊本・大分地震義援金街頭募金が行われ、じゃんがら会からは4名が参加しました。

主催の浦添社協には約200名の参加希望があったとの事。

沖縄県の皆様の助け合いの心を強く感じながら、熊本、大分の被災された方々を想い、募金をしてくださった方には感謝の気持ちに胸を熱くしながら心からのお礼を伝えました。

「ありがとう ございます!」

そして後日、浦添市社会福祉協議会から街頭募金のお礼状をいただきました。おかげさまで1,189,161円の募金が集まったそうです。これらの募金活動で集めた義援金については、沖縄県共同募金会を通して熊本・大分の被災者の皆さまへ届けられます。

熊本の地震への義援金を送りました

この度の熊本地震にあたり宜野座高校の生徒の皆さんが遠く離れた土地からでも何かの役に立てないかと一生懸命、救援物資や募金を集めているとの事。何度か防災講演をさせていただいているご縁で、国語科の屋嘉比先生から「どのように送ったらよいか?」という相談の連絡を頂きました。

まずは段ボールに種類別に分け(色々な物を混合させないこと)、中身の種類・サイズ・個数を分かるように書き込むことなどをお知らせしました。そして物資や義援金が確実に被災者に届くルートを調べてお伝えし、無事に送ることが出来たと報告がありました。

琉球新報 【熊本地震】宜野座高、生徒が支援 校内で呼び掛け

沖縄じゃんがら会でも有志による募金が集まり、合計62,192円を義援金として熊本県庁に送ることができました。

image1(1)

皆さん東日本大震災で大変な経験をしたからこそ、他人事でなく、真剣に力になりたいという気持ちが伝わってきました。中には、自分のおこづかいから募金してくれた子どもたちもおり、またその話を聞いて自分も募金したいと支援の輪が広がりました。

皆さんの思いが熊本や大分の人たちの力になりますように。